中国 ネズミ 生きたまま。 【新肺炎・国際社会】イタリア・ベネト知事が「中国人は生きているねずみを食べる」と謝罪

新しいタイプの肺炎、食用ラットの感染源、または管理が難しい野生生物取引

それらはすべて生きていて、タケネズミが85元(約1,300円)、クジャクが500元、シカが6,000元です。 環境や人間の心の中で汚れて汚れているように見える人たち。 「誰かが私を怒らせたら、私は謝罪します」とルカ・シャ知事は言いました。 衛生が守られない限り禁止を続けて欲しい。 生で食べると感染する! -👑Damemenme👑( nodamemenme) コウモリの刺身、美味しい、すぐ食べて肺炎になる -マナリー( ManaLi35860818) コウモリのお刺身ややばすぎ!また、吐き気もします。

Next

新しいコロナウイルスの発祥地:中国ではラットを生きたまま食べるのが慣習でした!

-Anthony Raphael Chao( anthonychao) 写真はロバ、ハリネズミ、ウサギ、犬、キツネ、オオサンショウウオを示しています。 それは単なる「食文化の違い」の問題だと思います。 感染者は確認されました。 NPO「エポックメディア」• サイト所有会社• そこでは、新鮮な食用ウサギ、魚、エビなどのシーフードを見て、販売することができます。 彼らが最初に到着したとき、農民は何も持っていませんでしたが、しばらく働いた後、彼らはしばしば時計、指輪、ネックレスなどを持っていました。

Next

新しいタイプの肺炎、感染源は「ヘテモノ食品」、「竹」または「アナグマ」です

振り返ってみると、2003年に広東省の新鮮な市場からSARS(重症急性呼吸器症候群)が広まったと言えます。 43名前:Button Anonymous公開日:2020年3月1日(日)19:17:17. 中国で疫病が発生するたびに、生鮮市場と野生動物がそこで販売されるという問題が常にあります。 この間ずっとサルは叫び続けています。 92名前:ボタン匿名の投稿日付:2020年3月1日(日)19:27:04. 何もできません。 中国のメディアの報道によると、コウモリは食用のネズミではなく、アライグマに食べられています。

Next

コロナ危機後、中国人がコウモリやヘビのような野生動物を食べ続ける理由(現代のビジネス)

(一緒に)北朝鮮の新しい宣伝?若い女性のYouTuberもターゲット-BBCニュース 北朝鮮の宣伝が他の誰よりも優れているとは決して言われていません。 この新しいコロナウイルスの原因は武漢のシーフード市場である可能性が高いと報告されています。 証拠の破壊、病院のファイルシステムからのIDの削除、または名前の変更により、一部が死亡した可能性があります。 人差し指を肛門に挿入し、ねじって腸を強く引っ張ります。 武漢の「南中国海鮮卸売市場」では、新しいタイプの肺炎が多くの人々に影響を及ぼしており、中国の専門家グループは、コロナウイルスは市場で販売されているスナネズミやアナグマなどの野生動物であると述べています。 中国を10年間歩き回っている猛烈な人々がいます。

Next

目撃者が暴露され、臓器が中国の秘密の刑務所に住む人々から取り除かれた

最近確認されたヘビ、タケネズミ、ヤマアラシ、マーモット、マーモット、キツネ、ウサギ、ナマケモノ、孔雀、ニホンジカ、サルなどが生きたまま売られ、これらの動物の内臓が床に投げられました。 その後、ウイルスはすでに街中に広まったと考えられています。 これらの医師がどこに行ったのか誰も知りません。 66 ID:p9M5D6hN0>中国とイタリアがこのような困難な時期に感染症の流行と戦っているとき。 「コウモリとコウモリを食べた人」と「コウモリとコウモリを食べた人」が感染した疑いもある。 SARSの場合、ウイルスはコウモリに由来します。 王博士は、「野生動物の内外の寄生虫は多くのウイルスやバクテリアの自然宿主(shushu)であり、これらのバクテリアやウイルスは急速に変異するため、リスクを予測するのは困難です」と述べました。

Next

新しいコロナウイルス感染症とSARSの発生は同じ発生です...写真に見られるように中国の生鮮食品市場

不思議な病気が自然に生まれたChinaチャイナサーチにとって良い動きで、それが出てくるだろう。 中国では、家畜ではなく「野生」と呼ばれる肉を食べることができ、「野生の活力」や「野生の食べ物」のようなものがあれば、それを自分の中に取り入れられると感じています。 実際、中国のコウモリは本当に高品質の成分です。 ただし、この市場の東部では「肉」が販売されています。 おそらくアメリカとの友情がなかったためか、街を見ようとしたときにストリートビューがありませんでした。 ネズミを食べている隣人が原因になることは決してありません。 2020(日)19:23:45. 本来の味を追うことから食べ物を追うことまで、動物との遊びに力を入れているような気がします。

Next